稲積水中鍾乳洞と原尻の滝に行ってきました!

稲積水中鍾乳洞と原尻の滝に行ってきました!

稲積水中鍾乳洞へのアクセス

週末に予定がなく暇だったので、大分県の稲積水中鍾乳洞に行ってきました

高速を使えないため、福岡から日帰りだとちょっとつらいので、佐伯市に一泊し日曜の朝から豊後大野市を目指して走りました。

迷ったら調べよう程度で道もよく確認せずに進んだのですが、502号線から案内板がこまめに立っていたので迷わずに到着しました!

鍾乳洞までは川沿いを走る景色の良いルートだったのですが、平成30年7月豪雨(29年の九州北部豪雨かも…)の爪痕も見られ、車だと離合が難しそうな狭い箇所もありました。

稲積水中鍾乳洞の隣にはキャンプ場が併設されているためか、川遊びをしている人も多かったです。

ここで泳ぐのめちゃくちゃ楽しそうですね…!!いつかキャンプに来てみたい!

稲積水中鍾乳洞に到着!

川沿いを5km程(体感)進んだところで目的地に到着しました!

日曜日の正午過ぎで駐車場は半分くらい空いてる印象でした。

駐車場はキャンプ場と共用になるので連休とかだと埋まっちゃうかもしれません。

なんか巨大な金色の仏像が見える・・・

入り口です。中に入って入場券を購入します。

近くに施設案内の看板があったので見に行ったのですが・・・

思ってたよりずっと広い!

鍾乳洞の入り口にちょっと料金所があるくらいだと思っていたのですが、仏像や昭和のレトロ博物館、美術館など色々な施設があるみたいです。

到着したのが正午過ぎだったのでとりあえず昼食をとることにしました。

お昼時でも混むこともなくすんなり席につけました。

ざるそばと大分名物の鶏天にしました!

鶏天を天つゆじゃなくポン酢で食べたのは初めてだったのですが美味しかったです!

昼食を終え最初に向かったのは白蛇堂です。

入り口におみくじが置いてあったので入場料みたいなものかと勘違いして引いたのですが、周りの人は普通に引かずに入場していました。

場内にはこんな感じでありとあらゆるところにおみくじ箱やお賽銭箱が設置されております。

白蛇といいつつ少し黄みがかったクリーム色を想像してたのですが、お堂の中にいた3匹の白蛇は眩しいくらいに真っ白でびっくりしました。確かに神々しい・・・

せっかく金運の神様だったのに見とれてご祈念するのを忘れていました。。

次は天空洞に行ってみました。

神様に自分が来たことをお知らせするために入り口の太鼓を叩いてから入るそうです。

中は地下の洞窟に続いていて、仏像が祀られています。

神聖な場所なのに不謹慎ですがRPGのダンジョンみたいでめっちゃテンションあがります!

天空洞の中はひんやりしてすごく涼しかったので、外に出たあとの暑さに耐えられずすぐ鍾乳洞を目指しました。

鍾乳洞の入り口横にある虹の滝です。

晴れてる日の昼過ぎ頃まで虹が出るそうなのですが、私たちが見た頃には日陰で見れませんでした。残念・・・

いざ水中鍾乳洞へ・・・

入ってすぐブルーでライトアップされてる幻想的なスポットがあります。

色のついてるライトを使っている箇所は少なかったので、ここが一番雰囲気あった気がします…w

私が行った時はファミリー層が多く、人の入りも結構多かったため常に視界に誰かが入るくらいの込み具合でした。

三脚を立てての撮影などは難しそうでした。

足場の下には水が流れています。網がサビサビでちょっと怖いw

ほどなくして「新生洞」と「水中洞」の分かれ道につきます。

どちらも片道300メートル程で、それぞれ奥まで見て帰ってきても1時間もかからなかったと思います。

順路にそって新生洞から見ることにしました。

分岐点までは水の上に架かっている足場を歩いていたのですが、こちらは普通に舗装された道を歩きます。

自分が歩いている空間が大昔はすべて水の中だったかと思うと不思議な感覚です。

神秘的な空間の広がりなど、スマホの写真ではとても雰囲気が伝わらないのでぜひ行って見て欲しいです!

新生洞の最深部です。まだまだ奥を開発中みたいです…!数十年経ったらまた来てみようw

分岐点まで戻って今度は水中洞を見に行きます。

こちらは入口付近と同じく水の上に架かる足場を進んでいきます。

水の中にあるロープは調査するダイバーの命綱らしいです。

水深30mもある穴の中をロープ一本便りに潜るなんて寒気がします…><

結構奥まで進んでも水の中に魚が泳いでるのが見えますw

足場の下にある穴を覗き込んでます。。底なんてまったく見えません…

最奥に到達しましたが、こちらもまだまだ開発中だそうです。

この記事を書いてる今になって気づきましたが売店の映像見てない(´・ω・`)

これで洞窟内は全部巡ったので入り口へと戻ります。

この水中鍾乳洞は車椅子もOKだそうですが、足元に排水ホースなどもあるため、道が全て真っ平らで進みやすい、というわけにはいかなそうです。

途中車椅子の方とすれ違いましたが、介添を二人でされていました。

稲積水中鍾乳洞のその他の施設を巡る

鍾乳洞の出口からそのまま昭和の町並みを模した昭和レトロ館に繋がります。

館内には昭和の雑貨がこれでもかと飾られています。

入り口のようだけどここは出口。(最初こっちから入ってしまった)

弘法の滝を見に行きました。

真ん中にあるお地蔵さんのところに小銭が乗ると願いが叶うそうです。

私は一発で真ん中のバケツ?の中に入ったのできっと月収100万達成できることでしょう。

鯉と合鴨の散歩道から

七福神・十二支像・大観音像などの仏様コースに入ります。

こちらの稲積昇龍大観音は大分県一の高さらしいです。

夫婦円満・安産祈願の像もあったのでめちゃくちゃ撫でまわしました。

後は美術館もあったのですが、帰りの時間を考慮してこちらはパスしてしまいました。

原尻の滝へ!

稲積水中鍾乳洞を後にし、同じ豊後大野市にある原尻の滝へと向かいます。

滝周りを一周ぐるっと散策。写真は吊橋の上からの景色です。

下から飛沫が舞い上がってくるので冷たくて気持ちいいです。

道の駅の向かいにあるジェラート屋さんにも寄ってみました。

一人だと食べ物系スルーしちゃうんですけど人と来ると色々食べ歩きできて楽しいです。

抹茶とミルクを頼みました!ミルクが美味しい!

ガンジー牧場でソフトクリーム

原尻の滝の時点で16時近かったのですが、久住のガンジー牧場(営業17時まで)のソフトクリームを食べにバイクを走らせました。

 

竹田市を抜けるとすぐ久住になるので30~40分程でついたと思います。

無事ありつけました!

クリームが柔らかくてどんどん傾くので急いで食べましたw

小学3年生くらいの時に食べてものすごく濃くて美味しかった記憶が残ってたのですが、記憶と違わぬ美味しさでした。

帰り道のあざみ台の景色です。

ガンジー牧場周辺の道も景色が良くてすっごく気持ち良く走れます!

久住は他にも気になる場所がたくさんあるので、また日を改めてじっくりまわってみたいです!